研修プログラムページ
研修プログラムページ

研修プログラム

前期研修プログラム

「熊本大学病院臨床研修プログラム」に詳しく掲載している。概略は以下の通りである。

指導態勢
  • 原則、医員-研修医のマンツーマン方式で、入院患者の診療にあたる。
  • 入院診療はグループ体制をとっており、それぞれのグループに所属し、毎週グループと全体カンファレンスにて担当患者の診断と治療について話し合う。
  • 指導を受けながら外来新患の予診をとり、病棟回診や外来診察の陪席を通じて、精神科面接の基本を学ぶ。
  • ジャーナルクラブやリサーチカンファレンスに参加することによりリサーチマインドを学ぶ。
各種コース

●1〜2ヶ月コース

  • レポート提出が義務付けられているA疾患(統合失調症、気分障害、認知症)の入院診療を中心に、精神科診断および治療について学ぶ。他科との対応で重要な、せん妄などのコンサルテーション精神医学を学ぶ。最終週に、各自が興味を持った症例について発表し、研修のまとめを行う。

●3〜5ヶ月コース

  • A症例以外の症例が経験できる。精神症状の評価、脳画像所見の読み方、心理検査の評価、電気けいれん療法(ECT)のやり方、神経学的所見の取り方、心理療法・精神科作業療法・ソーシャルワークなどコメディカルとのチーム医療を学ぶ。興味ある症例の発表・論文作成ができる。

●6〜12ヶ月コース

  • 救急の場面での対応、緩和ケア、専門外来(気分障害、認知症、児童・青年期)への参加ができる。関連病院における各種精神科専門治療の見学ができる。当講座で取り組んでいる、認知症・うつ病コホート研究のデータを用いた臨床研究の統計・解析のやり方が学べる。脳科学に興味がある場合、熊本大学分子脳科学講座・理化学研究所とのミーティングに参加できる。

専門医研修プログラム

専門研修
プログラム名
熊本大学病院連携施設 精神科専門医研修プログラム
基幹施設
都道府県名
熊本県
専門研修
プログラムの特徴
  • ●背景

     基幹施設となる熊本大学病院神経精神科は1904年開講の歴史ある講座で、統合失調症やアルツハイマー病の脳病理、水俣病や三池炭塵爆発のフィールドワークなどで多くの業績を残しており、伝統的に生物学的精神医学を柱としている。最近では、認知症対策医療システムとして「熊本モデル」を設立し、2018年からは、第8代教授として国立病院機構呉医療センター・中国がんセンターから竹林 実が着任した。認知症だけでなく、総合病院精神医学を基盤とした気分障害、統合失調症、児童思春期精神疾患などを加えて、バランスの良い診療・教育に注力している。
  • ●教育環境

     治療環境としては、西病棟2階に開放エリア38床(うち個室6床)と閉鎖エリア12床(うち4床は隔離室)からなる50床のベッドを有し、病棟を抜けると228㎡からなる広々とした作業療法・運動療法スペースが広がる。約20名の精神科医メンターと12名の常勤コメディカルスタッフ(心理士4名、精神保健福祉士4名、作業療法士3名、言語聴覚士1名など)と一丸となって充実した精神科チーム医療が実践できるのが特色である。県内唯一の大学病院であり、急性期・慢性期の精神病性障害、気分障害、認知症などの器質性精神障害、神経症性障害、児童・思春期の精神疾患など、措置入院から任意入院まで、難治例から軽症例まで、と多彩な症例を経験できる。クロザピン、修正型ECTも積極的に推進しており経験できる。また、総合病院精神科の重要な機能として、精神科リエゾンチーム、緩和ケアチーム(精神科医専従)も稼働し、コンサルテーション症例も多く経験できる。さらに、熊本大学病院は熊本県から認知症と発達障害の医療センターの指定をうけており、豊富な紹介症例に加えて、コーディネーターとして行政などとのやり取りの場面も経験できる。
  • ●臨床研修内容

     研修連携施設としては、国立病院機構熊本医療センター、国立病院機構菊池病院、熊本県立こころの医療センター、地域の精神科医療を担っている9つの民間精神科病院、県外では国立病院機構肥前精神医療センターと国立国際医療研究センター国府台病院・児童精神科と連携している。気分障害強化コース、認知症強化コース、児童・思春期強化コース、統合失調症強化コース、総合病院精神医学強化コース、精神科救急強化コース、地域医療強化コース、子育て支援コースなど、特色ある研修メニューを用意しており、専攻医はそれらの中から選択して研修を行うことができ、研修の進捗状況によってはコース変更についても柔軟に対応することが可能である。約3年間の後期研修で、指定医症例、専門医症例をすべて経験することは十分可能であり、症例レポートの作成についても、熊本大学病院でいつでもどこにいても指導が受けることができる体制を作っている。
  • ●研究教育環境

     症例に関する学会発表、論文作成の積極的なサポートも推進している。当研修プログラムのもう1つの特色は、臨床につながる脳科学も体験できることである。気分障害、統合失調症、認知症、児童・青年期疾患が主な研究対象であり、臨床場面で疑問に感じたことをテーマとしている。熊本大学の分子脳科学講座とコラボしながら、患者臨床データベースの解析、脳画像解析、血液・髄液バイオサンプルの解析などを通じて、多角的なアプローチで「精神疾患の謎」に迫る環境にふれることで、リサーチマインドの涵養がベッドサイドで体験できる。
プログラム内容 本専門研修プログラムは、日本精神神経学会による一次審査を通過したものであり、今後日本専門医機構による二次審査を踏まえて修正・変更があることを予めご承知おきください。

◎H31年度精神科領域専門医研修プログラム

◎熊本大学医学部附属病院専門医研修プログラムページ(全診療科)

応募について
応募資格 医師免許を有し、初期臨床研修2年修了者、あるいは平成31年3月に修了予定の者
専攻医の募集人数 12人
応募資格 詳細は下記熊本大学病院専門研修プログラム専攻医募集のページを参照下さい。 お問い合わせは医局長(下記問い合わせ先参照)までお願いします。

◎熊本大学病院専門研修プログラム専攻医募集ページ

選考方法 診療科長・医局長が面接をおこないます。履歴書記載内容と面接結果に基づき厳正な審査を行い、採用の適否を判断します。医師(専攻医)は当専門研修プログラムへの採用後、研修施設群のいずれかの施設と雇用契約を結ぶこととなります。
施設見学について 施設見学は随時受け付けています。こちらからお問い合わせください。

ページトップへ